このページの先頭ですメニューをとばして、このページの本文へメニューをとばして、外部メニューへ
イメージ画像

第10回 平成27年度 表彰者決定のご報告

【近藤正秋賞】
受賞者:指田 忠司 氏(障害者職業総合センター)
推薦者:慎 英弘 氏(四天王寺大学大学院)
選考理由:
 高校生の時、事故により網膜剥離を発症。付属盲普通科に進路を変更し、早稲田大学を卒業後、障害者職業総合センターの研究員として、視覚障害者の雇用問題の研究や諸外国の雇用政策の動向調査など、視覚障害者雇用問題の第一人者であり、点字毎日に月2回、世界の視覚障害者の状況を紹介するなど、雇用環境向上に大きく貢献していることを評価して受賞決定となりました。
【片岡好亀賞】
受賞者:武久 源造 氏(鍵盤楽器奏者)
推薦者:堀越 喜晴 氏(明治大学非常勤講師)
選考理由:
 1歳で失明し、東京芸術大学大学院音楽研究科を修了し、チェンバロ・オルガン・ピアノなど鍵盤楽器奏者として多数のCDをリリースするとともに、器楽・声楽アンサンブルを結成し、指揮・編曲などにも力を注ぎ、多数のコンクールで審査委員を務めるなど、活発な活動を評価して受賞決定となりました。
【地域活動特別賞】
受賞者:南澤 純子 氏(名古屋市視覚障害者協会常任理事)
推薦者:橋井 正喜 氏(名古屋市視覚障害者協会副会長)
選考理由:
 網膜色素変性症で視力低下していく中、花屋・ウィズ・グリーンを起業し、障害を持つ人へのフラワーアレンジメント教室講師、視覚障害者のための料理教室講師を務め、JRPS愛知支部役員、名視協常任理事・女性部長としての活動を評価して受賞決定となりました。
贈呈式
日にち:平成28年1月30日
場 所:名古屋盲人情報文化センター

 ※ 記載されている所属・職名等は、表彰当時のものです

 

お問い合わせ先

〒455-0013名古屋市港区港陽1−1−65
名古屋盲人情報文化センター内
社会福祉法人 名古屋ライトハウス愛盲報恩会 近藤正秋賞・片岡好亀賞事務局
TEL 052-654-4521  
FAX 052-654-4481
Eメールはこちらからどうぞ

  • 法人概要
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー