このページの先頭ですメニューをとばして、このページの本文へメニューをとばして、外部メニューへ
イメージ画像

第12回 平成29年度 表彰者決定のご報告

【近藤正秋賞】
受賞者:岡村 孝次 氏(岡村果樹園・グローバル・アイ 代表)
推薦者:星野 敏康 氏(視覚障害者支援総合センター 「視覚障害」編集長)
選考理由:
 大学在学中に視力低下、26歳で2級の身体障害者手帳交付を受け、2年後に岡村果樹園として桃の栽培・販売を開始し50歳の時に自身の体験から、グローバルアイを設立して視覚障害者のパソコン指導を始められました。今後、経験を積んだ果樹園・ICTサポートでの継続的な活躍を期待して受賞決定となりました。
【片岡好亀賞】
受賞者:川島 昭恵 氏(語り部)
推薦者:高橋 実 氏(視覚障害者支援総合センター前理事長)
選考理由:
 6歳の時に疾病のため視力を失い、盲学校から早稲田大学にまなび卒業後プログラマーとして就職するも、プロの語り部を目指され、25歳の時、映画「津軽」に出演、劇団ファンハウスや表現集団夢云空での公演など、語りを通じた楽しい空間を分かち合う活動を評価して受賞決定となりました。
【地域活動特別賞】
受賞者:勢力 慶太郎 氏(三重県視覚障害者協会参与)
推薦者:内田 順朗 氏(三重県視覚障害者協会会長)
選考理由:
 長年にわたり視覚障害者スポーツの振興に尽くすとともに、三重県視覚障害者協会の要職を歴任され、現在も参与として団体の育成強化に努めるとともに三重県グランドソフトボール協会会長、全日本グランドソフトボール連盟顧問として視覚障害者スポーツ振興に尽力されている活動を評価して受賞決定となりました。
贈呈式
日にち:平成29年11月25日(予定)
場 所:名古屋盲人情報文化センター

 ※ 記載されている所属・職名等は、表彰当時のものです

 

お問い合わせ先

〒455-0013名古屋市港区港陽1−1−65
名古屋盲人情報文化センター内
社会福祉法人 名古屋ライトハウス愛盲報恩会 近藤正秋賞・片岡好亀賞事務局
TEL 052-654-4521  
FAX 052-654-4481
Eメールはこちらからどうぞ

  • 法人概要
  • 採用情報
  • プライバシーポリシー