港ワークキャンパス

港ワークキャンパスの紹介workcampus

障害福祉サービス事業 港ワークキャンパス

港ワークキャンパスでは高い工賃を実現する努力をしています。就労継続支援事業A型事業は愛知県最低賃金を補償したり、就労継続支援事業B型事業でも時給もそうですが通院有給、保険加入、退職金制度なども充実しています。また、障害の程度や能力によりその人にあった働き方ができます。


ライトハウス名古屋金属工場、第二工場


就労継続支援事業A型(定員60名)


金属工場では金属容器の製造を行っています。身体、知的、精神障がい者特性を理解した上で人員を配置してライン作業を実施。一般企業に比べ非効率かもしれませんが多くの方に作業に携わるよう工夫をしています。職員はその人の可能性を引き出して、その人に合った作業と作業配置を行います。そして得意な作業を見つけ作業の幅を広めることで自信をつけてもらい個別支援計画を元に利用者の希望を叶えるために一緒に考え支援します。





KAN食品開発センター、かんせい工房


就労継続支援事業B型(定員40名)


KAN食品開発センターはパン工場としてパンの成型、缶入れ、ラベル貼などが主な仕事内容です。また、かんせい工房は企業より依頼された軽作業や袋詰めなどを行っています。



お問い合わせInquiry