このページの先頭ですメニューをとばして、このページの本文へメニューをとばして、外部メニューへ
イメージ画像

法人沿革

昭和21年10月
 盲人の自立更生と、福祉増進をめざして片岡好亀、近藤正秋が中心となり、愛知県盲人福祉協会を設立
昭和22年8月
鍼灸共同治療所および愛盲ホーム光和寮を開設
昭和23年7月
盲人の新職業開拓を合言葉に、金属作業部(製缶)を設立
点字出版の事業を開始
社団法人愛知県盲人福祉協会となる
 9月
聖女ヘレン・ケラー女史来所
昭和27年5月
社会福祉法人に組織変更し、第一種身体障害者授産施設となる
昭和32年8月
名古屋ライトハウスと改称
昭和33年9月
身体障害者福祉法による民間委託授産施設となる
昭和38年12月
あけの星声の図書館事業を開始し併せて点字出版所を新設
昭和41年4月
あけの星声の図書館、厚生省指定図書館となる
 6月
市内八事霊園に施設関係者共同墓碑建立
昭和54年11月
重度身体障害者授産施設「明和寮」開設
昭和55年4月
既存の身体障害者授産施設を「光和寮」と呼称。同時に、あけの星声の図書館を名古屋ライトハウス図書館と改称
昭和58年8月
身体障害者授産施設「港ワークキャンパス」光和寮金属作業部より分離独立開所。身体障害者通所施設「黎明荘」を開設
平成元年5月
特別養護老人ホーム「瀬古第一マザー園」、養護盲老人ホーム「瀬古第二マザー園」、「瀬古マザー園デイサービスセンター」、ふれあいセンター「瀬古平成会館」開設
平成3年5月
図書館を移転「名古屋盲人情報文化センター」と改称
平成6年4月
「光和寮」を重度身体障害者授産施設に変更し、入居棟・作業棟新築
平成7年4月
身体障害者デイサービスセンター「クリエイト川名」、身体障害者福祉ホーム「かわな」新設
平成8年10月
創立50周年を記念して新しいシンボルマークを設定
平成12年4月
介護保険法施行に伴い「瀬古マザー園指定居宅介護支援事業所」開設
平成13年11月
港区に法人本部事務局を開設
平成14年7月
「港区障害者地域生活支援センター Kiraらぽーと」開設
名古屋ライトハウスにおいて、ISO9001(2000版)を認証取得
平成15年4月
身体障害者居宅介護等事業「みなとガイドネット」開設
平成15年8月
高齢者通所介護事業所「矢田マザー園デイサービスセンター」開設
平成16年6月
身体障害者居宅介護等事業「ガイドネット あいさぽーと」開設
平成18年3月
光和寮 「KAN食品開発センター」開設 パンの缶詰「パンですよ!」を販売開始
平成18年4月
法人本部事務局を光和寮へ移設
平成18年10月
創立60周年を迎え、記念誌の発行や記念式典、記念コンサートを開催
障害者自立支援法に伴い、身体障害者デイサービスセンター「クリエイト川名」が生活介護事業所「デイサービスセンタークリエイト川名」として新事業体系へ移行
平成19年7月
地域活動支援センター「あちぇっとほーむ」、児童デイサービス「わくわくキッズ」を開設
平成20年1月
障害者自立支援法に伴い、光和寮・明和寮・港ワークキャンパスにおいて新事業体系へ移行
明和寮 就労移行支援事業・就労継続支援事業(B型)・生活介護を開設
光和寮 就労継続支援(B型) ・ 就労移行支援事業を開設すると共に、生活介護事業所「デイサービスセンタークリエイト川名」を統合
港ワークキャンパス 就労継続支援(A型) 開設
平成20年4月
明和寮入所部門の一部が福祉ホーム「あかり」として再編、黎明荘は通所ホームから福祉ホームとして再編されそれぞれ事業開始。港ワークキャンパス入所部門が福祉ホーム「みなと」に、KAN食品開発センターが港ワークキャンパス就労継続支援B型事業として再編され事業開始。
これに伴い港ワークキャンパスは障害者支援施設から多機能型事業所となった。
平成21年4月
光和寮 施設入所支援事業の一部を福祉ホーム「やすだ」として再編、光和寮生活介護を分化し、新たに地域活動支援センターを「デイサービスセンタークリエイト川名」の事業所名で開設
平成22年1月
名古屋市中川区富永に障害者支援施設 戸田川グリーンヴィレッジ(仮称)の建設を開始
平成22年9月
日本財団の助成により港ワークキャンパス第二工場を改修し、国産こんにゃく加工工場を開設
平成23年3月
ISO9001の認証を返上、独自のマネジメントシステムで進み出す
平成23年4月
障害者支援施設 戸田川グリーンヴィレッジ開所
通所授産施設 緑風荘を名古屋市より譲渡 就労継続支援(B型)事業 緑風として事業開始
平成23年10月
津島市に海部障害者就業・生活支援センターを開設
平成24年4月
光和寮に相談支援事業 光和障害者相談センター
明和寮に 同 明和障害者相談センター
港ワークキャンパスに 同 港ワーク障害者相談センター
戸田川グリーンヴィレッジに 同 戸田川障害者相談センター をそれぞれ開設
平成25年3月
緑風に相談支援事業 りょくふう障害者相談センターを開設
平成25年3月
港ワークキャンパス就労継続支援B型のサテライト事業所として、港区寛政町に「かんせい工房」を開設 利用定員20→40名へ
平成26年4月
名古屋市からの委託により「港区障害者基幹相談支援センター」を開設 (NPO法人まちかどサポートセンターとの共同運営による。)
平成26年4月
戸田川グリーンヴィレッジ 通所生活介護「木の香」を開設 定員20名