職員インタビュー

中野 弘基 Nakano Hiroyuki

戸田川グリーンヴィレッジ/介護職
入社5年目

自分の力を試したい。
新しい仕事に、もっとチャレンジ
していきたい。


「利用者さんのため」は、押し付けであってはいけない。

昨年、相談支援専門員の資格を取得し、介護士をしながら、支援計画を考える仕事にも携わるようになりました。業務の幅が広がったのはもちろんですが、考え方の幅も広がったなと感じています。 個別支援計画を立てる際は、利用者さんの意向をじっくりヒアリングした上で計画し、その意図もきちんと説明します。でも、ある利用者さんから、「やらなきゃいけないのはわかるけど、これは僕のしたいことじゃないからやらないよ」と言われたことがありました。その言葉を聞いたとき、はっと気づかされたんです。利用者さんのためになると思って計画したとしても、本人が望まないことであれば、本当の意味で「利用者さんのため」の支援計画ではない。これは、介護する側が「してほしい」内容だったんだ、と。

介護の仕事に就いてから5年、上手くいかないこともたくさんありました。 その理由の多くは、こんなふうに「これが正しいんだ!」と思い込んでしまっていたからだと思います。正しいかどうかなんて、一方的に決められるものではありません。利用者さんが望んで、利用者さんのためになって、それで初めて1つの答えになる。自分がベストだと思っているものに対して、目線が変われば別の考え方もあって、人によっても、立場によっても違ってくる。それを利用者さんに教わりました。福祉に従事する者としてだけでなく、一人の人間としても成長させてもらえる仕事なんだと思います。


自分が「成長できる環境」ってどこだろう。

以前はまったく別の業界にいたのですが、家庭の事情で転職を決意。前から興味のあった介護の仕事を意識するようになりました。ただ、専門の勉強はしたことがなかったので、働きながらヘルパーの資格をとってゆっくりスキルアップしていくつもりでいたんです。そんなとき、ちょうどタイミングよくハローワークで介護福祉士の勉強をしながら失業給付が受けられる制度ができたので、2年間しっかり勉強してから介護職に就くことができました。
就職先を探す際は、自分を鍛えるためにもあえて新規立ち上げの施設を選びました。
それがここ、戸田川グリーンヴィレッジ。施設づくりのスタートメンバーになるということは、新人だからと甘えてはいられないし、早く実力をつけられると思ったからです。でも想像していた以上に、いろいろなことを学んだり、成長する機会を与えてもらったりで、自分でも本当に驚いています。2年目で班長を任されて、自分に勤まるのだろうかと不安にもなりましたが、それだけ期待してもらっているのだから、一歩踏み出して応えたいと勇気が出せました。
これほど早く様々なことに挑戦させてもらえるなんて思ってもいませんでしたね。相談員という働き方も「やってみたら」と背中を押してもらって。

何にでも挑んでいける環境だからこそ、もっと幅広く対応できるよう一つひとつのスキルを高めていきたいと思っています。最終目標としては、「この人になら、何を相談しても応えてくれる」という人になりたいので、経験しながら勉強して、人間としても成長していきたいと思います。