とりくみ

健康経営宣言initiatives

健康経営への取り組み

当法人は、地域と共に成長・発展する福祉の推進力として必要不可欠な職員とそのご家族の心身の健康は、重要な法人の資産であると考えています。また、健康経営は人材育成においても重要な視点であり、必要性が非常に高いと考えています。そこで、私たちは、利用者の社会生活の向上や地域福祉の発展などと同時に、担い手である職員の健康への貢献も使命とし、法人をあげて健康維持・増進活動への積極的な支援と組織的な健康づくりを推進するため、健康経営の取り組みを2019年度から開始いたしました。

健康経営宣言

社会福祉法人名古屋ライトハウスは、「福祉サービスの理想像を求めて常に前進する」と同時に「自分を愛し他人を愛し自ら行動する」という理念のもと活動しています。対人援助において重要な自己覚知の実践において、自分を主体的に捉えて心身をコントロールするには、職員一人ひとりの心身が健康で、個性や能力を最大限発揮することが不可欠であると考えます。
当法人は、全国健康保険協会愛知支部とも協力し、職員とその家族の自発的な健康維持増進活動に対する支援と組織的な健康づくりを推進し、職員が健康でいきいきと働ける組織づくりに努めることを宣言します。

2020年4月      
社会福祉法人名古屋ライトハウス
理事長 近藤 正臣

健康経営推進体制

法人全体で「健康経営の推進」を図ることを目的とし、理事長、専務理事、常務理事、人材育成部長、総務部長から成る「法人運営委員会」にて健康経営における検討や意思決定を行い、各拠点長の責任の下、所属職員の健康保持・増進への取り組みの情報共有及び課題の把握と改善についての施策実施を行っています。

重点課題 2021年度

1.健康診断実施機関や協会けんぽとの連携により、職員の健康維持向上に寄与できる体制づくり。
2.メンタルヘルスの向上のため、職場内多方面からのフォローアップ体制の構築。
3.法人内の看護師・精神保健福祉士等を健康経営の重要な役割としても位置づけ、感染予防や事故防止等に活躍。
4.健診時問診やアンケート等により職員の健康に対する課題と取り組みを把握。
5.経営委員会や各部署会議等、既存の会議等の取り組みを利用者支援だけでなく健康経営にも活用。

数値目標 2021年度

○定期健康診断受診率100%・ストレスチェック受検率98%以上の維持
○超過勤務の低減 前年度比15%減 3年継続目標
○特定保健指導受診率100%を目指す

認定

健康経営優良法人2021 大規模法人部門 認定されました

申請を初めてから2年目にしての認定となりました
取り組んだ結果としての認定ではなく、更なる取り組みを推進する契機となる認定だと考え、よりきめ細やかな取り組みによって職員の健康にコミットしていきたいと考えております


2021 認定証の画像

2021 認定証


お問い合わせInquiry