このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ メニューをとばして、外部メニューへ

新年あいさつ

 明けましておめでとうございます。
皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。
また、日頃から温かいご支援ご協力を賜り、心から感謝し、御礼申し上げます。
 さて、皆様もご存知のように、昨今福祉を取り巻く環境はダイナミックに変化しております。昨年には社会福祉法人制度改革が施行され、私ども法人においても対応すべく組織や運営方法を大きく変えてまいりました。
 一昨年、私どもはおかげをもちまして創立70周年を迎えることができましたが、創立当初より『ひとりの幸せのために』を旗印として事業を進めてまいりました。
この変化の時代に、『ひとりの幸せのために』を原点として現状維持は最大のリスクと考え、「変わらなければならないこと」「変えてはならないこと」を見極めながら、変化することに果敢に挑戦してまいりたいと思います。
地域の皆様から存在意義ある法人であり続けられるよう職員一同真摯に取り組んでまいりますので、本年もさらなるご支援ご鞭撻を心からお願い申し上げます。

社会福祉法人名古屋ライトハウス 理事長 近藤 正臣

お知らせ

2017年10月25日
第12回 近藤正秋賞・片岡好亀賞」の表彰者を掲載いたしました
2017年8月18日
情報公開」に「アイのかけはし vol.21」を掲載いたしました
2016年6月19日
情報公開」に平成28年度事業報告・決算概要を掲載いたしました
2016年3月3日
求人・採用情報」に「新卒採用情報」を掲載いたしました

採用情報

現在の法人全体の採用情報を掲載しています。お問い合わせは法人本部までお願いいたします。 engage

ひとりの幸せのために

 名古屋ライトハウスは、創設以来愛盲精神のもと、視覚障がい者の幸せを願い職業開拓及び訓練、生活の場の提供、そして情報、文化の発信基地としての役割を担ってきましたが、おかげさまで今日では視覚障がい者のみならず全ての障がい者、お年よりの方々にも様々な福祉サービスを提供できるようになりました。  これも、広範な方々の多年にわたるご指導ご援助があったればこそで、深く感謝する次第です。時代は様々な価値観の変化を伴って激動しており、福祉のあり方も問われ関心も高まっています。山積する難問に比べ、その歩みは遅々として進まず、誠にはがゆいことですが、これまでの蓄積を大切にしつつ、福祉サービスの理想像を求めて関係者一丸となって努力してまいりたいと考えています。



名古屋ライトハウスは、ワーク・ライフ・バランスの実現に取り組む企業として、「愛知県ファミリー・フレンドリー企業」に登録されました